広がる貸事務所の魅力|経営上手で赤字知らず

人気のテナント

オフィス

企業におけるテナント活用について

企業が事務所やお店を構える場合、大きく分けて自社でビルなどを購入する方法と、テナントに入居する方法の2つの方法がある。以前は、自社でビルなどの不動産物件を購入し、そこで業務を行うケースが多くなっていたが、最近では賃貸物件に入居することで業務や商売を行うケースが一般的となってきている。テナントに入居することには、いくつかのメリットがある。まずは、初期費用を抑えて事業を始められるということがある。また、賃貸である為、その場所に事務所などが不要になった場合には、退去も比較的簡単に行えるということもある。これらの理由から、コスト削減や手間の軽減から賃貸物件の利用が増えているが、今後もこの傾向は続くと見られている。

入居における注意点について

企業がテナントに入居する場合には、注意点となることもいくつかある。まずは、契約期間がある。これらのテナントなどの入居では、契約期間があることが通常であり、期限が過ぎた場合に、状況によっては退去しなければならない可能性もある。特にお店などの場合には、場所による認知が広がった状態で、別の場所に移転することはリスクとなるケースもある。その為、それらのことを考慮した上で、賃貸物件を活用する必要がある。また、逆に賃貸物件では、契約期間の途中で退去する場合に、契約によって解約金が必要となるケースもある。その為、テナントへ入居する場合には、それらの条件を予め十分確認した上で入居することもポイントとなってくる。